平成28年
熟成米 長崎県産
「ヒノヒカリ」

5kg:2,130円(税込)

商品について

ヒノヒカリは、コシヒカリと黄金晴(コガネバレ)の交配によって生まれました。
宮崎県総合農業試験場で育成され、1989年に水稲農林299号「ヒノヒカリ」として命名登録されました。名前の由来は、西日本(九州)の太陽を現す「日」と、光り輝くようなお米粒からきています。その高温耐性もあり、比較的温暖な西日本一帯、中国・四国・九州や近畿地方などで栽培され、現在は「コシヒカリ」、「ひとめぼれ」に次いで全国第3位の作付品種となりました。
米粒はやや小粒で、粒に厚みがあり、全体的に丸みを持ったお米です。
味は、コシヒカリの味を強く受け継ぎ、食味が良く、コシヒカリの子孫の中では一番コシヒカリに似ているとの評価もあります。
価格は「コシヒカリ」に比べると割安ですが、程良い粘りとモチモチ感、香り、甘味のバランスが非常によいお米です。

商品詳細

  • 【産地】長崎県
  • 【生産年】平成28年
  • 【精米方法】24時間熟成精米

平成28年
熟成米 長崎県産
「ヒノヒカリ」

内容量:5kg
価 格:2,130円

カートに入れる

その他の美味しい商品

トップへ戻る